“日本一の開運寺”住職が説く「ビンボー財布」の共通点3つ

“日本一の開運寺”住職が説く「ビンボー財布」の共通点3つ

 三大ビンボー財布をやめることが、金運爆上げ財布を作る第一歩。

 そう語るのは、テレビや雑誌で「日本一宝くじが当たる寺」として知られる、長福寿寺(千葉県)の今井長秀住職だ。

 自分の財布と向き合うことは、お金さまと向き合うこと。

 祈りの心が深まり、お金さまに好かれることで、金運パワーは増大していく。

■「パンパン」「ボロボロ」「ゴチャゴチャ」をやめる

 金運爆上げ財布を作るために最も重要なのが、三大ビンボー財布「パンパン」「ボロボロ」「ゴチャゴチャ」をやめることです。

 金運に恵まれている人の財布は、一言でいうと清々しいもの。

 パンパンでボロボロ、ゴチャゴチャしている財布は、とても清々しいとはいえないでしょう。

 では、この三大ビンボー財布をどのように解消するのか。

 1つひとつ、順に説明していきましょう。

 三大ビンボー財布の1つ目が、パンパン財布です。

「パンパン」とは、お札がたっぷりと入って膨らんだ財布……のことではありません(笑)。

 何週間も入れっぱなしのレシート、スーパーやドラッグストアのポイントカード、買い物メモやいつ使うかもわからない 割引チケットなど、お札とクレジットカード以外のもので、パンパンになっている財布のことです。

 行く先々でポイントカードを作り、「今日は〝ポイント5倍デー〟だから、あの店に行こう!」と、生活のすべてがポイント中心になっていませんか?

 こうした人は、ポイントに振り回されていないか要注意です。

 なぜなら、「自分の意思」で買い物しているとはいえない状態だからです。

 ポイントカードは、常に行く店のものだけに絞り込んで、あとは処分してしまうことをオススメします。

 また現実問題として、財布がパンパンだと「今、いくら財布に入っているか」「今月はいくら使って、あといくら使えるお金があるのか」がわかりにくいでしょう。

「なんとなく使っているうちに、なくなってしまい、今月も足りない」という状況に陥りがちです。

 また、ガラクタでいっぱいの財布が、「お金さま」にとって居心地がいいはずはありません。

 基本的に、財布の中に入れていいのは、お金とクレジットカードだけです。

 ポイントカードなどは、必要に応じてカードケースに入れて別に持ち歩くといいでしょう。

 近年では、ポイントカードをアプリケーション化している店も少なくありません。

 スマートフォンに導入しておけば、カードケースを用意しなくても済むかもしれません。

 また、レシートも、知らず知らずのうちにたまりがちです。

 買い物したその場で財布に入れるのはかまいませんが、レシートは定期的に取り出す習慣を身につけましょう。

 3日以内、できればその日のうちに財布から出すようにしてください。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする