住友鉱山 20年度電気銅生産、能力見合い

引用元:日刊産業新聞

住友金属鉱山は1日、2020年度(21年3月期)の地金生産計画を発表し、電気銅は公称生産能力見合いの年45万トンとした。ニッケル系では電気ニッケルを前年度(上期実績と下期計画の合計)比0・8%増の年6万800トン、フェロニッケルを5・5%増の1万3800トン、硫酸ニッケルを製品量で7万7500トン(ニッケル量1万7300トン)と置いた。金は3・4%減の16・7トン。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする