トヨタ 新型ヤリスはヴィッツから何が変わった? 気になることを簡単に解説

引用元:MOTA
トヨタ 新型ヤリスはヴィッツから何が変わった? 気になることを簡単に解説

3世代に渡り続いてきたヴィッツという名称をやめ、2020年2月にフルモデルチェンジした新型から世界的に使われてきた名前に統一されたトヨタ 新型ヤリス。3代目ヴィッツとの違いはなにか? 気になることを簡単に解説。

■セリカGT-FOUR以来のスポーツ4WDを搭載したGRヤリスがカッコ良すぎるっ

歴代最強のカッコいいデザイン! 後席は少々狭い

ボディサイズは先代ヴィッツとほぼ同サイズながら、新型ヤリスはクーペ風のスタイルになった影響もあってかキャビンスペースはややミニマムな印象。フロントシート優先となったと言える。

欧州仕様では3ナンバーサイズとなるボディだが、日本仕様は5ナンバーサイズを死守。制限のある中で抑揚のあるボディラインを実現している点はお見事だ。

■ターンチルトシートは使いやすさ抜群! 室内も高級に

新型ヤリスの内装は先代ヴィッツよりも大幅に質感が向上。シート形状もグレードによって2種類が用意され、オプションでターンチルトシートを選択できるなど、幅広いユーザー層に対応している点は、さすがトヨタのベーシックコンパクトカーといったところだ。

パワートレインは3種類ラインアップ。MTモデルもあるゾ

新型ヤリスのパワートレインは、新開発の1.5Lのハイブリッドとガソリンエンジン、そして先代から踏襲された1Lガソリンモデルも用意。ちなみに先代ヴィッツにあった1.3Lは消滅した。

ほぼ別物と言えるGRヤリスを除けばスポーツグレードは用意されていない新型ヤリスだが、1.5Lガソリンモデルには6速MTが用意される点はマニアに朗報と言えるだろう。

【筆者:小鮒 康一】 小鮒 康一

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする