新型コロナで客激減? 自動車販売店に訊く! 現状と対策とは

新型コロナで客激減? 自動車販売店に訊く! 現状と対策とは

 新型コロナウイルスの影響は世界中に広がり、各国の経済を悪化させています。日本でも、卒業式や送別会など大勢の人が集まるイベントが自粛するほか、遊園地や動物園なども休園が続いています。同様に、カーディーラーでも客足が遠退いているといいます。どのような事象が起きているのでしょうか。

【画像】カーディーラーは居心地が良い? 行きたくなる店舗を見る!(9枚) 新型コロナで客激減? 自動車販売店に訊く! 現状と対策とは 3月は決算セール時期で新車を買うならお得な時期!(写真:日産の販売店)  日本で新型コロナウイルスが騒がれ始めたのは2020年1月下旬頃で、同月の登録車販売台数(普通車、トラック)は、22万1464台でした。

 その後、翌2月は26万8302台となり、トヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」などの新車効果により、先月よりは台数が伸びています。

 この販売台数は、毎月5日(6日)に公表されるもので、世界的に影響が騒がれ始めた3月の販売台数は、現時点(3月17日)ではわかりません。

 では、実際のカーディーラーでは、どのような状況になっているのでしょうか。首都圏のトヨタ系列販売店
のスタッフは、次のように話します。

「2月に比べると客足は遠退いている印象はあります。1月は初売りセールなどがあったことや、新型コロナウイルスもいまほど騒がれていませんでした。

 2月は、ヤリスや好調が続いているライズやカローラなどを目当てに来店されるお客さまもそれなりにいらっしゃいましたが、3月は決算セールをおこなっているにも関わらず、思ったほどの来店は見込めておりません。

 実際に来店されたお客さまのなかには、今後の経済状況が不透明なことから、一度購入を考え直す人もおりました」

 また、都内の日産の販売店スタッフは、次のように話します。

「当店では、2月中旬から店内の入り口に消毒液を配置したほか、スタッフは可能な限りマスクを着用するなど予防対策をおこなっています。

 また、お客さまが試乗される前にはドアノブ、ハンドル、シフトレバーなど触れる部分を消毒するようにしております。

 来店状況は、2月より減った印象はありますが、小学校などが休校していることもあり、平日の点検時にお子さまといらしている家族を見受ける機会が増えた気がします」

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする