ホンダ 新型フィット 走りの性能 編|試乗&解説

引用元:MOTA
ホンダ 新型フィット 走りの性能 編|試乗&解説

東京モーターショー2019で世界初公開されたホンダの新型FIT(フィット)が、2020年2月14日にいよいよ国内で発売。

■フルモデルチェンジで生まれ変わった新型フィットを徹底解説![フォトギャラリー]

MOTAでは期待のニューモデルに早速公道で試乗することが出来た。
フルモデルチェンジで大きく変化を遂げた4代目フィットの全てについて、4部構成で徹底的にご紹介していく。

第3弾では、新型フィットの走りについて、1.3リッターとハイブリッドモデルそれぞれの違いも含めて詳細にチェックした。
国内外全ての新車情報について精通するクルマ選びの達人、カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏がレポートする。

1.3リッター車とe:HEV ハイブリッド車、走りの違いは!?|動力性能編

■1.3リッター車の動力性能をチェック

次は、新型フィットの運転感覚をチェックしたい。
まずは直列4気筒 1.3リッター ノーマルエンジンの動力性能から。

こちらはコンパクトカーの平均水準だ。登坂路では少しパワー不足でノイズも拡大するが、さほど大きな不満はない。
やや高回転指向だから、もう少し実用回転域の駆動力を高めると扱いやすくなる。

アクセルペダルを深く踏み込むと、エンジン回転が6,000回転まで高まった後に5,000回転まで下がり、再び6,000回転に上昇する。
有段変速風の演出だが、実用的な意味は乏しい。
特に1.3リッターエンジンは前述のパワー不足を感じる場面もあるから、フル加速時には、加速効率が最も高い回転域を保つのが良い。
CVT(無段変速AT)のメリットもこの点にある。

■e:HEV ハイブリッド車の動力性能をチェック
いっぽう新開発のハイブリッドシステム、e:HEV(イー・エッチイーブイ)を走らせた印象はどうだろう。

新型フィットのe:HEVは、ステップワゴンやインサイトなどに採用されたハイブリッドシステム「i-MMD」と基本的には共通のメカニズムを備える。
1.5リッターエンジンは発電機を作動させ、その電気を使って、駆動用モーターを回す。
高速巡航時は、エンジンがホイールを直接駆動するが(その方が高効率だから)、通常はエンジンは発電、駆動はモーターが受け持つ。

従って、新型フィット e:HEVの運転感覚は電気自動車に近い。

モーターは反応が素早いため、追い越し加速などは力強い。
ノーマルガソリンエンジンに当てはめると、1.8リッターから2リッター並みの動力性能を感じる。
加速の仕方が滑らかで、静かなことも特徴だ。

e:HEVも1.3リッターガソリンモデル同様に、エンジン回転が上下しながら速度を高めるステップ変速制御を採用した。
ただハイブリッドのエンジンは発電用だから、完全な演出だ。
そのために有段ATの雰囲気を巧みに再現している。実用的な意味はないが、エンジンを回している感覚は盛り上がる。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする