無人駅の秘境駅に「駅弁」 新型コロナに対抗 スイッチバックとループ線の肥薩線大畑駅

無人駅の秘境駅に「駅弁」 新型コロナに対抗 スイッチバックとループ線の肥薩線大畑駅

 急勾配を克服するためスイッチバック設備とループ線のある駅として知られる、JR九州肥薩線の大畑(おこば)駅(熊本県人吉市)で、豪華なフレンチ駅弁3種類が2020年3月12日(木)より販売開始されました。いずれも九州産黒毛和牛ヒレ肉を使ったステーキが入ったもので、価格は5000円、1万円、2万円(いずれも税別)と驚きですが、食べると元気になれそうです。

【写真】600gの牛ヒレ肉! 2万円の駅弁

 駅弁を販売しているのは、大畑駅に隣接するフレンチレストラン、囲炉裏キュイジーヌ LOOP(ループ)。2018年9月にオープンした同店はミニコースのランチを営業していましたが、新型コロナウィルスの影響でキャンセルが相次ぎ、ランチ営業を3月5日(木)より休止しています。

「世のなかが凍っているこの時期、精一杯できることは何だろうと考えて、以前から検討していた、秘境駅であり無人駅である大畑駅の駅弁をやろうと始めました」(中島秀豊代表)。

「駅弁」と名乗ることについては、JR九州にも承諾を得たそうです。最高2万円という価格は、駅弁としては高価なものですが、前述のように九州産黒毛和牛のステーキをメインとし、人吉球磨地方で収穫された野菜などの素材がふんだんに使われており、納得の内容です。

 5000円と1万円の駅弁は、レストランの囲炉裏で丁寧に時間をかけて焼かれた牛肉を使った「和牛ヒレサンド」で、5000円のものには150g(75g×2)のヒレを使用し、1万円のものには300g(100g×3)のヒレを使用。ヒレサンドのソースには、「山うにとうふ」(豆腐の味噌漬け)、黒ニンニク、橙酢を使っています。

 いずれにも、地元の野菜を使ったサラダ、鮎の甘露煮をバーニャカウダ風に仕上げたディップ、デザートとして苺を載せたギモーブ(生マシュマロ)が彩りを添え、また5000円のものにはそれらに加え、地元の卵と野菜を使ったオムレツが脇を飾ります。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする