唯一無二のウェアラブル血圧計「HeartGuide」、その一長一短な使い勝手

引用元:GetNavi web
唯一無二のウェアラブル血圧計「HeartGuide」、その一長一短な使い勝手

筆者は中学生時代に「若年性高血圧」と診断されてから、上が140台という高めの血圧と付き合って生活しています。一応、お医者さんからは大きな変動がないのなら特に服薬や治療は必要ないと言われていますが、数か月ぶりに病院などで血圧を計測する際には「もしかして上がっているのでは!?」とドキドキしてしまいます。

「HeartGuide」の詳細を写真で紹介

そんな私にとって非常に気になっていたデジタルガジェットが、「オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900Tシリーズ(HeartGuide)」(以下HeartGuide)です。

現状、「血圧推定」をできるウエアラブルデバイスは、すでに世の中に存在しています。しかし本機が他デバイスと一線を画するのは、「医療機器認証」を取得している点はもとより、カフを巻いて加圧、減圧する「オシロメトリック法」を実現している点です。さすがは血圧ケアにどこよりも力を入れ、たしかな技術と知見を持つオムロン ヘルスケアの製品です。

今回そんなオムロン ヘルスケアより実機を借用したので、主に使い勝手や計測精度などにスポットを当てたレビューをお届けします。 唯一無二のウェアラブル血圧計「HeartGuide」、その一長一短な使い勝手 パッケージには、HeartGuide本体、カフカバー、メジャー、専用ACアダプター、充電用クリップ、充電用ケーブル、説明書(取り扱い説明書、クイックスタートガイド、医療機器添付文書)が同梱されています

利用するためにはアカウント登録が必要

セットアップは、スマホ用アプリ「OMRON HeartAdvisor」のインストール、「OMRON connectアカウント」の登録とログイン、身長や体重などの個人データの入力、HeartGuideとアプリのペアリングという流れで進めます。筆者が実際にセットアップしたときには合計7分で終了しました。アカウント作成時にメールで本人確認などが行なわれますが、入力する情報は必要最低限なので特に手間取ることはないと思います。 唯一無二のウェアラブル血圧計「HeartGuide」、その一長一短な使い勝手 正しい計測方法はスマホ用アプリから動画で確認できます

正確な測定には、正しい姿勢で正しく装着することが必要

初期設定を済ませてしばらく使ってみましたが、計測結果に誤差があることに気付きました。そこでメーカーから上腕式血圧計を借りて交互に計測してみたところ、最高血圧が最大36mmHgの開きがありました。もちろん、説明書をよく読んでHeartGuideを使い始めたのですが、正しく装着・計測できていなかったようです。

その後、いろいろ試行錯誤したところ、ベルトを思っていたよりもきつめに、計測する際にHeartGuideの高さを心臓の位置に厳密に合わせることで、上腕式血圧計とほぼ同じ数値で計測できるようになりました。正しく装着、計測すれば精度が高いことは確認できましたが、その条件がシビアだなというのが正直な感想です。

少なくとも「初めての血圧計」として本製品だけを購入して、血圧を正しく計測するのは難しいと思います。上腕式血圧計を一緒に購入するか、病院などに設置されている血圧計を(ほかの方の迷惑にならないように)使って、HeartGuideで正しい血圧を計測できる方法を納得できるまで試すことを強くオススメします。

最初はうまくいかなかったものの、一度正しい装着位置、ベルトの締め具合、姿勢をマスターしたら、それ以降は正しく利用できるようになりました。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする