JR東海 3月の新幹線利用者56%減 オークマ、ジェイテクト 2月受注実績は4割減 新型コロナ、実体経済へ着実に影響

引用元:中部経済新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、実体経済の数字として着実に表れてきた。JR東海が10日発表した3月1~9日の東海道新幹線の利用者数は前年同期比56%減。外出の自粛が大きく響いた格好だ。また、オークマとジェイテクトは同日、2月の工作機械の受注実績を発表。いずれも前年同月比ほぼ4割減となった。依然、先行きは不透明で、厳しい見方が広がっている。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする