出るのが早すぎた!? 今ならイケそうなSUV3選

出るのが早すぎた!? 今ならイケそうなSUV3選

 ここ数年で人気が高まっているモデルといえばSUVです。各国内メーカーからSUVが販売されており、好調なセールスを記録しています。

【画像】いま見てもイケてる! 復活が望まれるSUVを見る(18枚)

 現在のちょっとしたブームになる以前からSUVは販売されてきましたが、惜しまれつつ消えていったモデルも存在。

 そこで、絶版となったSUVのなかから、いまならもっと売れそうなモデルを3車種ピックアップして紹介します。 現在、世界的にSUVの人気が高まっていますが、日本では1990年代の初頭から「RVブーム」が起こり、とくに売れていたのがクロスカントリー4WD車です。●ホンダ「クロスロード」 出るのが早すぎた!? 今ならイケそうなSUV3選 売れなかったのが不思議なモデル「クロスロード」  ホンダは初代「CR-V」が発売される以前、英国のローバーグループや、いすゞと提携関係にあり、OEM供給されたSUVを販売していました。

 その1台が1993年に発売されたミドルクラスSUV、ランドローバー「ディスカバリー」をベースとした初代「クロスロード」です。

 初代クロスロードは3.9リッターV型8気筒エンジンを搭載した本格的なクロスカントリー4WD車でしたが、営業的には成功したとはいえず、1998年に販売を終了しました。

 そして、9年後の2007年に2代目「ストリーム」をベースにしたクロスオーバーSUVとして、2代目クロスロードが発売されます。

 2代目クロスロードは全長4285mmのショートボディでありながら、全幅が1755mmとワイドで、広い室内空間を実現した3列シート7人乗りのSUVです。

 搭載されたエンジンはストリームと同じ最高出力140馬力の1.8リッター直列4気筒と、150馬力の2リッターを設定。全グレードとも5速ATが組み合わされ、駆動方式はFFか4WDが選択できました。

 スタイリッシュなデザインが好印象な、手頃なサイズの7シーターSUVであるなど、売れない要素は見当たらないのですが、販売が低迷したため2010年に生産を終了。

 2代目クロスロードは短命でしたが、まさに出るのが早すぎたSUVかもしれません。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする