カンタス航空のA380、8機運航停止 新型コロナ影響、9月まで

引用元:Aviation Wire
カンタス航空のA380、8機運航停止 新型コロナ影響、9月まで

 カンタス航空(QFA/QF)は現地時間3月10日、12機保有する総2階建ての超大型機エアバスA380型機のうち、8機を運航停止すると発表した。中国から感染が拡大した新型コロナウイルス(COVID-19)での需要減によるもので、9月中旬までを予定している。

 12機のうち、8機が運航停止となる。4機のうち2機を重整備や内装の改修に回し、残りの2機のみで運航する。

 現在、A380はメルボルン-ロサンゼルス線やシドニーダラス線、シンガポール経由のシドニー-ロンドン線など、7路線に投入している。4月20日からは3路線をボーイング787-9(3クラス236席:ビジネス42席、プレミアムエコノミー28席、エコノミー166席)に小型化するほか、シドニー-ロンドン線の経由地をパースに変更する。

 カンタスのA380は、改修前の4クラス484席(ファースト14席、ビジネス64席、プレミアムエコノミー35席、エコノミー371席)と、改修後の4クラス485席(ファースト14席、ビジネス70席、プレミアムエコノミー60席、エコノミー341席)の2種類。全12機を対象に改修を進めており、改修後はビジネスを6席、プレミアムエコノミーを25席増加し、エコノミーは30席減少する。

 改修前はメインデッキ(1階席)にファーストとエコノミー、アッパーデッキ(2階席)にビジネスとプレミアムエコノミー、エコノミーの一部を配している。改修後はアッパーデッキのエコノミー30席を廃止し、ビジネスとプレミアムエコノミーのみとする。 Yusuke KOHASE

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする