ビットコイン・カルチャーの象徴に──ジャック・ドーシー【前編】

引用元:CoinDesk Japan
ビットコイン・カルチャーの象徴に──ジャック・ドーシー【前編】

ツイッターの共同創業者は2019年、ビットコインテクノロジーに大きく賭け、フェイスブックとリブラの閉鎖的なアプローチからは距離を置いた。彼はいつかビットコインがインターネットのネイティブ通貨となることを願っている。

ビットコイン・コミュニティへの貢献

ジャック・ドーシー氏はシリコンバレーにおいてビットコイン・カルチャーを象徴する人物となっている。

ツイッターの共同創業者でスクエアのCEOを務めるドーシー氏は、マーク・ザッカーバーグ氏よりも親しみやすく信頼でき、ポップスターの彼女を持ち、大麻を吸うイーロン・マスク氏よりもバランスが取れている。

フェイスブックのリブラ協会に参加するかと聞かれると、ドーシー氏は次のように答えた。

「絶対にノー」

その代わり、異なるアプローチに賭けている。ボーダーレスでパーミッションレス(非許可型)の資産、ビットコインだ。

2019年3月、ドーシー氏はビットコイン・エコシステムに対するオープンソースでの貢献に厳格に特化した新しい組織「スクエア・クリプト(Square Crypto)」を発表した。スクエア・クリプトは即座に、グーグル、フェイスブック、ライトニング・ラボの人材や、ビットコイン・コア(Bicoin Core)の開発者マット・コラーロ(Matt Corallo)氏を獲得した。

FAANG(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)に匹敵する企業で、ビットコインから単に利益を上げるだけではなく、ビットコインそのものへの貢献にここまで投資している企業は他にない。

「銀行をもっと利用しやすいものにするためのチャンスがあると信じている」とドーシー氏は2019年11月、筆者の電話取材に対してそう答えた。

「ビットコインがその目的と規模を実現すれば、我々はそれらすべてを活用するための柔軟性を維持する。それが我々の狙い」

誠実なコミットメント

ドーシー氏のビットコインへのコミットメントは誠実に思える。ビットコインをテーマにしたポッドキャストを運営し、2019年2月にライトニング・トーチ実験でドーシー氏に少額のビットコインを直接渡したマット・オデル(Matt Odell)氏は、ドーシー氏はトランザクションを適切に行うことを強く主張したと述べた。すなわち、複数のプロセスで「フルノード」になるということだ。

それが世界中で同じ量の少額のビットコインをリレー式で渡していく「トーチ」の核心だった。ご都合主義の参加者の中にはウォレットやトランザクションのためのディレクトチャンネルを使う者もいた。しかしドーシー氏は違った。

「彼はフルノードを運営している」とオデル氏は語った。

「彼は(トランザクションは)フルノードを使っている必要があり、私もフルノードを実行している必要があると言った。(中略)そのことは彼が正しいことを示していると思う。そしてもし、彼がのちに我々に敵意を示すことがあれば、我々はビットコイン愛好家として我々のヒーローを倒す」

公共の場で恥をかかせるというこの脅しはドーシー氏にも効いている。彼はビットコインについて注意深く、慎重に語る。我々のインタビューの間にも、私の質問を数回繰り返し、答える前に明確さを求めることがあった。

ドーシー氏は、ビットコインの背後にある「哲学」に惹かれていると語り、正体を明かさないままでいる生みの親を称賛した。ドーシー氏はビットコインをグローバル、かつ検閲に対抗できる通貨と考えている。

「ビットコインは、スクエアが真のインターネット(ネイティブ)企業として機能し、市場から市場、パートナーからパートナー、規制域から規制域へと移動するのではなく、全世界が利用できるサービスをローンチすることを可能にしてくれる」とドーシー氏は繰り返た。彼はインターネットに適用されている恣意的な境界線にうんざりしていた。

こうした考えから、ドーシー氏は2020年、より多くの時間をアフリカで過ごす計画で、多くのビットコイナーと会うつもりであることを公に発表している。

「現在ビットコインはグローバル通貨の最良バージョンであり、我々がより早く動くことを可能にしてくれる。そのため我々はビットコインが通貨としての地位を確立することをあらゆる手段でサポートしようと考えている」とドーシー氏は語った。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする