KTM のJ・ハーリングス選手がモトクロス世界選手権開幕戦総合1位に!

KTM のJ・ハーリングス選手がモトクロス世界選手権開幕戦総合1位に!

 2020年モトクロス世界選手権第1戦は、イギリスのマターリー・ベイシン・サーキットで開幕しました。牧草地の起伏を活かした雄大なコースで走行ペースも速く、ジャンプが多いマターリー・ベイシンの特徴は、悪天候の影響でレースをいっそう厳しくしました。その中でTeam HRCティム・ガイザー選手は、雪が降る中の走行で、ポールポジションを獲得しました。

【画像】2020年モトクロス世界選手権第1戦の画像を見る(8枚)

 第1ヒートは、Monster Energy Yamaha Factory MXGP Teamジェレミー・シーワー選手がトップに立ちます。2コーナーの混戦で3番手につけていたT・ガイザー選手がクラッシュします。Red Bull KTM Factory Racingジェフリー・ハーリングス選手、2番手には、MX2を経て新加入したからTeam HRCミッチェル・エバンス選手が走行していましたが、5周目にJ・シーワー選手にかわされて3位。レースはそのままの順位で進みRed Bull KTM Factory Racing J・ハーリングス選手が勝利、2位には3位のM・エバンス選手に11秒の差をつけてJ・シーワー選手が入りました。 KTM のJ・ハーリングス選手がモトクロス世界選手権開幕戦総合1位に! Team HRCティム・ガイザー選手  第2ヒートでは1周目からトップに立ったT・ガイザー選手が、序盤から独走態勢に持ち込む展開となり、15分を経過するころには、2番手J・ハーリングス選手に対し、16秒の大差をつけレースをリードし、勝利を収めました。

■Team HRCティム・ガイザー選手 総合2位(8位/1位) KTM のJ・ハーリングス選手がモトクロス世界選手権開幕戦総合1位に! Team HRCティム・ガイザー選手  この開幕戦の経過に満足しています。第1ヒートでは2回ほどクラッシュしましたが、最初の転倒はレースが始まってすぐだったので、再スタートしたときには最後尾近くになってしまいました。なんとか追い上げ8位でフィニッシュしたのですが、最終ラップで喫した2度目の転倒がなければ7位でした。第2ヒートでは好スタートを決めて、もっといい走りをみせたかったのですが、思い通りになりました。わだちが増えたことと低い西日の影響により、非常に難しいコース状況になったのですが、マシンも好感触でとても乗れていました。第1ヒートでのハプニングを考えれば、総合2位は悪くないリザルトです。次戦のファルケンスワードで改めてチャレンジし直しましょう。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする