東京メトロ 16年ぶりに制服一新 昭和2年開業「東洋初の地下鉄」東京地下鉄道の要素も

東京メトロ 16年ぶりに制服一新 昭和2年開業「東洋初の地下鉄」東京地下鉄道の要素も

 東京メトロは2020年4月1日より、駅員と乗務員、サービスマネージャーが着用する制服をリニューアルします。それに先立ち2月19日(水)、報道陣向けに新制服の発表会が開催されました。

【写真】営団時代の制服の色、覚えてる? 東京メトロの歴代制服4種

 東京メトロが制服をリニューアルするのは、2004(平成16)年に帝都高速度交通営団の民営化で会社が発足して以来、16年ぶりのことです。2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」を見据え、東京を訪れる人を新たな装いで出迎えるといいます。

 発表会に臨んだ東京メトロの山村明義社長は「東京らしいシンプルスタイリッシュをデザインコンセプトとし、東京を訪れる国内外のすべての人たちへ、制服を通じてスタイリッシュな東京の魅力を発信したい」と話しました。

 帽子前面の徽(き)章には「SINCE 1927」の文字が入っています。1927(昭和2年)は東京メトロの前身である東京地下鉄道が、東洋初の地下鉄として銀座線の浅草~上野間を開業した年です。先人が築き上げてきた東京の安心かつ安定輸送を受け継ぎ、利用者視点に立った質の高いサービスを提供したいと、東京メトロはいいます。 東京メトロ 16年ぶりに制服一新 昭和2年開業「東洋初の地下鉄」東京地下鉄道の要素も 駅員と乗務員の冬服。襟元にコーポレートマークの金糸刺繍が光る((C)東京メトロ 女子駅伝部・新制服発表会)。

東京メトロ新制服のネクタイやスカーフの柄は車両などがモチーフ

 駅員と乗務員の制服デザインは共通のもので、たとえばネイビーカラーを基調とした冬用のジャケットには、アクセントとして襟にコーポレートマークの金糸刺繍が施されています。東京を動かす鉄道事業者として、規律感と清潔感を持たせたとしています。

 またシャツは社員からの要望により、両胸にポケットを設けたといいます。タブレット端末など、業務上の携行品を入れやすくするためだそうです。

 制服の機能性については、従来の制服に持たせてある速乾性を維持しつつ、新たに帯電防止機能を追加し、また様々なシーンに対応できるようストレッチ機能も向上させたとしています。

 サービスマネージャーの冬用制服は、ネイビーとグレーを掛け合わせたスーツに、東京メトロのコーポレートカラーであるブルーのアクセントが施されています。ネクタイやスカーフには、東京メトロのロゴマークや路線記号、車両をモチーフとした柄を採用し、印象に残ってもらえるようなデザインに仕立てたといいます。

 制服には夏服と冬服がありますが、着用期間の目安は、5月1日から10月31日までを夏服、11月1日から4月30日までを冬服とするそうです。しかしながら、どちらを着用するかは勤務場所の環境に応じて、係員の判断に任せるとしています。 乗りものニュース編集部

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする