CoinDesk四半期レビュー:一時停止の1年をデータで振り返る

引用元:CoinDesk Japan
CoinDesk四半期レビュー:一時停止の1年をデータで振り返る

仮想通貨の誕生から10年以上が経った。その存在を正当化する明確なストーリーもいくつか登場したが、データによって決定的に裏付けられたものは存在しない。

例えば、グラフは、ビットコインの価値の保存手段としてのユースケースが一部の新しい投資家の間で根付いており、彼らは価格の高騰時にもビットコインを保有し続けることを示している。しかし、ビットコインとゴールドの相関関係といった他の指標は、ビットコイン投資家全体で見れば、そのほとんどがビットコインを「デジタルゴールド」とはほど遠いアセットとして使っていることを示している。

イーサリアムでは、DeFi(分散型金融)が目覚ましい成長を遂げているが、その成長を示すグラフの形と、ユーザー数のかなりの減少は「ウェブ3.0」のストーリーがまだ初期段階にあることを示している。

45ページに及ぶ「CoinDesk四半期レビュー(CoinDesk Quarterly Review)」は、仮想通貨市場を形成する主要データ、トレンド、イベントを紹介している。25以上の異なるデータセットを通して、3つの異なるユースケースを分析している。分析結果は、ビットコインと他の仮想通貨にはまだ支配的なストーリーは現れていないことを示唆している。

このレポートの読者は、投資家の関心と仮想通貨の国際的な利用の移り変わりを表す主要な指標を知ることができる。例えば、ビットコインの「くじら(大口保有者)」の人数、UTXO(未使用のトランザクションアウトレット)の年数別分布、取引高などだ。

データをもとにした重要なポイントをいくつか見てみよう。 CoinDesk四半期レビュー:一時停止の1年をデータで振り返る 最後の取引からの経過時間によるビットコイン供給量シェアの推移

1. 全員が利益を得るために売りに出たわけではない。

2017年下半期に最後にビットコインを取引した保有者は、価格が上昇し、売却すれば利益が出たにもかかわらず、2019年末まで保有し続けた。これはビットコインを投機的資産ではなく、価値の保存手段と考える投資家心理が存在することを示している。2018年後半に最後に取引されたビットコインが増加したのは、2018年12月に仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がコールドウォレットインフラをアップデートしたことによるものだ。

コインベースは世界で最も人気のある仮想通貨取引所の1つだが、2018年以降失速している。ノミックス(Nomics)のデータによると、ビットコインの法定通貨による取引高は、2018年の過去最高額4654万ドル(約51億円)から2019年には4492万ドル(約49億円)へと減少した。この市場は主にビットコインを伝統的な通貨の代わりの価値の保存手段として捉える投資家に利用されており、長期保有心理のバロメーターと考えることができる。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする