明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 セボワール 食べるバラの”アフタヌーン・ティー” 名古屋・金山のレストランで提供

引用元:中部経済新聞
明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 セボワール 食べるバラの”アフタヌーン・ティー” 名古屋・金山のレストランで提供

 食べるバラを使用した加工食品の企画販売を手掛けるセボワール(本社名古屋市中村区大日町17の18、玖島悦子社長、電話052・433・9070)は1月から、名古屋・金山の洋食レストランで食用バラをふんだんに使った料理が楽しめる「アフタヌーン・ティー」の提供を始めた。食用バラは彩りが華やかでSNS(交流サイト)映えするほか、リラックス効果などが期待できることから女性たちの間で注目を集めている。玖島社長は「食べるバラを日本の食文化に根付かせたい」と意欲をみせる。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする