eo光、月額1,680円~のサブスクTV「定額4Kテレビ」

引用元:Impress Watch
eo光、月額1,680円~のサブスクTV「定額4Kテレビ」

オプテージは、eo光ネット/eo光テレビユーザー向けに、ソニーの4Kブラビアを月々1,680円~で利用できるサブスクリプションサービス「定額4Kテレビ」を、6月18日から開始する。5年の保証付きで、 5年後の契約満了時に 契約更新することで新モデルに交換可能。また、要望に応じて買い取ることもできる。

【この記事に関する別の画像を見る】

5月25日からサービスの事前受付を開始し、配送設置料金10,000円が無料になるほか、ソニー サウンドバーなどの賞品が当たるキャンペーンも開始する。

サブスクリプションサービスの需要が高まり、また新型コロナウイルスの影響に伴い在宅時間が増える中、テレビの視聴時間やスマートテレビなどで動画配信サービスを視聴する時間が増加。これに合わせてeoは、「テレビや動画コンテンツの楽しみ方を広げる4Kテレビについて、購入には踏み切れないという方でも気軽に利用できる」サービスとして展開する。

対象となるのは、eo光ネットとeo光テレビ(スマートプレミアム/スマートベーシック/スマートコンパクト/プレミアムHD/ベーシックHD/コンパクト/スタンダードパック/バリューパック/ライト)を利用中のユーザー。なお、新規契約ユーザーの「定額4Kテレビ」受付は8月1日から開始する予定。

ラインナップするソニーの4K液晶ディスプレイはBZ35Fシリーズ。地上/BS/CSデジタルと4Kチューナー非搭載モデルであり、価格を抑えたシリーズ。地上/BS/CS/4K放送に対応した専用のeo光テレビチューナーとセットで使用する事で、「快適にテレビ番組をお楽しみいただける」という。

月額料金はサイズによって異なる。これとは別に、配送設置料金が10,000円必要だが、後述するサービス開始キャンペーン期間中は無料となっている。

・43型 1,680円
・49型 1,980円
・55型 2,480円
・65型 3,180円

5年のリース契約となり、期間中、自然故障に対応する長期保証に加え、破損や火災・水災などの場合にも適用される動産総合保険を付帯(地震など、対象外となる損害の場合を除く)。リース契約満了後には、契約更新することで新モデルに交換してサービスを継続して利用できる。また、リース契約で使っている4Kテレビを8,000円で買い取れるオプションも用意する。

これらのモデルはAndroid TVを搭載しており、Google PlayからeoオンデマンドやU-NEXTなどのアプリをダウンロードできる。YouTubeなども視聴可能。

■サービス開始キャンペーン

5月25日~7月31日までの期間中に「定額4Kテレビ」を新規申し込みし、申し込み日の属する月の6カ月後の月末までに「定額4Kテレビ」を利用開始した人は、配送設置料金10,000円が無料となる。

また、8月31日までに「定額4Kテレビ」を利用開始した人の中から抽選で10人に、ソニー サウンドバー 「HT-S350」がプレゼントされる。 AV Watch,山崎健太郎

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする