トヨタ、米国でオールハイブリッドの新型ミニバン「シエナ」発表

引用元:Impress Watch
トヨタ、米国でオールハイブリッドの新型ミニバン「シエナ」発表

 トヨタ自動車は5月18日(現地時間)、米国でミニバンモデルの新型「シエナ」を発表。米国で設計生産される新型シエナは、第4世代でオールハイブリッドモデルに生まれ変わり、多くのプレミアム機能を備えた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新型シエナは、TNGA-Kプラットフォームを採用するミニバンで、8人乗りモデルに加えて、2列目にキャプテンシートを備えた7人乗りのモデルを用意。リミテッドとプラチナグレードの2WDモデルには、オットマンといった装備が採用される。

 パワートレーンは直列4気筒 2.5リッターエンジンを搭載する「THS II」ハイブリッドシステムを採用してシステム合計で243HPを発生。駆動方式には「Electronic on-demand AWD」と呼ぶモーターを採用した4WDシステムも用意され、一定速度のドライブでの100:0から滑りやすい路面での20:80までのトルク配分を実現、その状況をマルチインフォメーションディスプレイに表示する。

 さらに、新型シエナのすべてのモデルで最大3500ポンドの牽引に対応。コンパクトなトラベルトレーラーで自転車を運ぶことに最適としている。

 プレミアム機能として、キックオープン/クローズ機能を備えたスライドサイドドアやリアゲートのほか、インテリアでは、2列目シートのロングスライド機能や冷蔵庫、デジタルバックミラー、10インチカラーヘッドアップディスプレイ、12スピーカーJBLプレミアムオーディオシステムなどの装備を採用。

 また、アウトドアやキャンプに向けたアクセサリとして、キャリアやクロスバー、自転車ラック、120V ACコンセントを備えた1500Wインバーターなどを、オプションで用意する。 Car Watch,編集部:椿山和雄

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする