祝・F1初開催から70年!はじめてのレースで優勝したマシンとは

祝・F1初開催から70年!はじめてのレースで優勝したマシンとは

 FIA(国際自動車連盟)は2020年5月13日、フォーミュラ1世界選手権(F1)開催から50周年を祝うリリースを発表した。

【画像】栄光の軌跡! 1950年F1初優勝のアルバムを見る(12枚)

 F1は1950年に初開催。第1戦となるイギリスGPが同年5月13日、シルバーストーンサーキットにて開催されている。

 当時のレギュレーションは、エンジン排気量が「自然吸気4.5リッター、過給器付き1.5リッター」、車体重量の制限はなし、300kmを超えた最初のラップで終了、あるいは3時間を超えた最初のラップで終了となっていたという。 祝・F1初開催から70年!はじめてのレースで優勝したマシンとは 1950年5月13日、シルバーストーンサーキットで初開催されたF1イギリスGPで優勝したアルファ ロメオ158  初めて開催されたこのレースで、スターティンググリッドの1番目から4番目までは、すべてアルファ ロメオ「ティーポ158」で占められていた。そしてポールポジション・ファステストラップ、さらに優勝を飾ったのは、ジョゼッペ(ニーノ)ファリーナがドライブする158だった。

 1950年開催のF1は第2戦モナコGP、第3戦インディ500、第4戦スイスGP、第5戦ベルギーGP、第6戦フランスGP、第7戦イタリアGPが開催されたが、第3戦インディ500を除いたF1規定で開催されたレースにおいて、アルファ ロメオが全勝。そのうち3勝をあげたファリーナがF1初代チャンピオンに輝いた。

 またドライバーズポイントにおいて2位のJ.M.ファンジオ、3位のL.ファジオリも、アルファ ロメオ158を操縦していた。

※ ※ ※

 そんな「アルフェッタ」158とは、いったいどんなマシンだったのだろうか。

 車名の158とは、排気量1500cc、直列8気筒エンジンから名付けられたもので、1938年にジョアッキーノ・コロンボによって設計された。シングルステージスーパーチャージャーとDOHCを備えた最新のマシンで、軽量合金を使用することでエンジン重量を165kgにまで軽量化していた。

 ギアボックスはディファレンシャルと一緒にリアに取り付けられていた。これは現代に続くトランスアクスルと呼ばれる方法で、2つのアクスル間で最適な重量配分を実現していた。

 158は戦前のレース界で活躍したが、第2次世界大戦が激化し1943年にはイタリア・ミラノが占領された。158はポルテッロの工場内に保管されていたが、戦利品として持ち去られる危険性があり、アルファ ロメオの技術者は158をトラックで運び出し、ガレージや農場の小屋に運び込まれた。そして擬装された壁や丸太の山に隠されて、次の時代を待っていたという。

 終戦後まもなく、158はポルテッロに戻され修復。そして1947年から1948年にかけて、数々のレースで優勝を飾っている。

 さらに1950年に初開催されたF1で、158は上記のような大活躍を見せる。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする