マツダ、202億円の赤字 1~3月、7年9カ月ぶり

引用元:共同通信

 マツダが14日発表した2020年1~3月期連結決算は、純損益が202億円の赤字だった。四半期ベースでの赤字は、東日本大震災による部品調達網の乱れの影響が続いていた12年4~6月期以来、7年9カ月ぶりとなる。新型コロナウイルスの感染拡大により、主力の欧米市場で販売が低迷した。

 マツダは本社工場(広島市)や防府工場(山口県防府市)で5月末までの一部生産停止を決めている。藤本哲也常務執行役員は電話による記者会見で、6月以降も減産を継続する考えを示した。

 マツダの19年度の世界販売台数は、前年度比9%減の141万9千台だった。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする