ローソン、セルフレジ運用店舗が拡大 2ヵ月で2・5倍の全国4500店 新型コロナ感染予防ニーズで

引用元:食品新聞
ローソン、セルフレジ運用店舗が拡大 2ヵ月で2・5倍の全国4500店 新型コロナ感染予防ニーズで

 ローソンは7日、キャッシュレス専用のセルフレジ運用店舗が2月末から2ヵ月で2・5倍の約4500店舗になったと発表した。
 これに伴いローソン店舗でのキャッシュレス決済比率も伸長。19年9月の約20%から今年4月末時点で約30%となった。
 ローソンが全国の店舗に設置しているPOSレジは、店側の簡単な操作でセルフレジに切り替えることができる。セルフレジは、来店客が店舗従業員と接することなく、キャッシュレス決済が可能となり、新型コロナウイルス感染予防の点で来店客からのニーズも増えているという。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする