米テスラ、アリババ「天猫」に世界初出店 中国市場はコロナ不況下の救世主になるか

引用元:36Kr Japan
米テスラ、アリババ「天猫」に世界初出店 中国市場はコロナ不況下の救世主になるか

米電気自動車(EV)大手テスラは4月16日、アリババ系の大手ECプラットフォーム「天猫(Tmall)」への出店を発表した。テスラがサードパーティーのプラットフォームへ旗艦店を出すのは中国初、いや世界初だ。

テスラに「免罪符」なし 中国への態度豹変させたマスク氏に非難殺到

「テスラは天猫に出店するとはいえ、車を販売するわけではない」とテスラの関係者は語る。テスラの直販方針は変わらず、テスラ車を購入できるのは公式サイトのみだが、天猫旗艦店で試乗予約を申し込むことは可能だ。

テスラの天猫旗艦店には、リモコンキー、インテリアキット、パフォーマンスペダル、車載緊急対応セット、携帯電話の高速充電接続プレートなど、現在販売されている車用にカスタマイズされた専用アクセサリーが販売されている。最も売れているのはクルマの形をしたモデル3用リモコンキーだ。テスラの言い方を借りれば、アフターサービスから専用アクセサリーまで、クルマのライフサイクル全体をオンライン化したというわけである。

テスラ、中国化への旅

テスラ側は、OTA(Over the Air、ワイヤレス通信を経由してのデータ送受信)でアップデートすれば、車内でオンライン麻雀やトランプを楽しんだり、「YOUKU(優酷)」や「ビリビリ動画(bilibili)」の配信動画にコメントを送れるようにもなるという。中国の若い消費者の注意を引くために、テスラは「快手(Kuaishou、海外版は「Kwai」)」や「抖音(Douyin、海外版TikTok)」などのソーシャルメディアプラットフォームに公式アカウントを開設したほか、テンセントの音楽配信サービス「QQ音楽(QQ Music)」と提携して音楽パーティーも開催した。

4月2日、テスラチャイナは公認テスラ・オーナーズクラブのオープンを発表した。テスラCEOのイーロン・マスク氏は、中国が最も重要なEV市場だと語る。同氏はテスラに中国的要素をいっそう盛り込みたいと考えており、見た目で完全に中国式の自動車を中国でデビューさせるのもアリだと言う。将来的にグローバル本社を中国に置き、CEOも中国人であるべきだとさえ考えているのだ。

テスラは製品でも中国の顧客に配慮している。中国オリジナルモデルを開発すべく、2020年1月には研究開発(R&D)・デザインセンターを中国に開設、中国国内のデザイナーに参加を呼びかけた。

中国顧客のニーズをより満たすため、テスラは4月10日にモデル3のロングレンジRWDとパフォーマンスAWDの予約開始を発表した。中国国内工場で製造されたモデル3ロングレンジRWDは補助金込みで33万9050元(約512万円)、航続距離は668キロだ。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする