県内在住なのになぜ?「県外ナンバーいじめ」煽りや車にいたずらが横行 すぐに出来る自衛策とは

県内在住なのになぜ?「県外ナンバーいじめ」煽りや車にいたずらが横行 すぐに出来る自衛策とは

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全国的に県をまたいだ移動の自粛が叫ばれるなか、各地で県外ナンバー車の流入を規制する動きが広がっています。県職員が県外ナンバーの流入状況を調査したり、県境の道路や高速道路のSA/PAなどで検温への協力を呼び掛けたり、さまざまな対策がおこなわれている状況です。

【画像】なぜ対策ステッカーまで必要? 県外在住であることを示すステッカーなどを見る(10枚)

 しかし、自治体がおこなうこのような規制とはまったく別の次元で、県外ナンバー車に対して誹謗中傷、煽り運転をする、クルマにキズを付けるなど、犯罪行為に等しい度の超えた嫌がらせも多発しています。県外ナンバー車のオーナーが出来る対策はあるのでしょうか。 県内在住なのになぜ?「県外ナンバーいじめ」煽りや車にいたずらが横行 すぐに出来る自衛策とは 県外ナンバー車への嫌がらせ行為が問題視されている  度を超えた嫌がらせがとくに目立つといわれているのが、徳島県です。2020年4月25日時点で、徳島県での感染者は5名と、岩手(0名)、鳥取(3名)に続いて全国3番目に少ないとされています

 徳島県の飯泉知事はこの事実を記者会見で公表し、「都合でナンバープレートを変えていない人もおり、県外の方であっても誹謗中傷をしていいわけではない」と述べ、県民に冷静な対応をお願いしました。

 確かに不要不急で県外から徳島県に遊びに来ているクルマもあるでしょう。しかし、県外から仕事で来たクルマもいるでしょうし、単身赴任や進学などで徳島県に在住し、ナンバーは自宅や実家のある場所のまま、というケースもありそうです。

 しかし、会社名が大きく入っているなど、誰が見ても社用車という場合は遊びではないことが分かりますが、それ以外は、引っ越してきてまだナンバーを変えていない県内在住者なのか、よそから遊びに来ているだけなのか、なかなか見分けるのが難しいでしょう。

 そこで、自衛策のひとつとして各地で販売が開始されているのが、県内在住者であることをアピールするステッカーや、マグネットシールです。

 都道府県のイラストや英文表記を入れ込んだステッカーや、単に「県内在住者です」としたもの。同じデザインで「●●県」の部分を変えて販売されているものもあります。

 看板製作やステッカー製作の専門業者である株式会社アートプランニング(本社:長野県松本市)に同社が販売しているものについて聞くと、「電話注文またはメルカリでも販売しており、入金が確認でき次第即日発送します。注文は長野県がやはり多いですが、茨城県、愛知県、徳島県など全国からいただいています」ということです。

 同社製のステッカーは専門業者ゆえの技術を活かし、防水加工をはじめ、高品質での仕上がりになっているそうですが、このステッカーに関しては「コロナが早く終息し、使用が短期間であることを願ってほどほどの耐久性にしてあります」とのことでした。

 ちなみに、粘着タイプのステッカーすべてにいえることですが、塗装面が傷んでいる古いクルマのボディにはると、剥がす際にクリア層が一緒にはがれる恐れがあります。塗装面に貼るのが心配であればリアウィンドウやサイドウィンドウなどに貼るのが安心です。

 なお、フロントガラス、助手席・運転席の窓には車検ステッカーなど法的に認められたもの以外、何も貼ってはいけないことになっています。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする