スバル、トヨタが議決権20%を保有し「その他の関係会社」に

引用元:Impress Watch
スバル、トヨタが議決権20%を保有し「その他の関係会社」に

 スバルは2月6日、同日付けでトヨタ自動車がスバルの株式を取得して、スバルの議決権20%超を保有する「その他の関係会社」に該当することを確認したと発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 トヨタによる株式取得は、スバルとトヨタが2019年9月27日付で合意した業務資本提携に基づいたもので、2月6日にトヨタより連絡を受けたとしている。

 スバルとトヨタは2005年に業務提携に合意して以来、スバルによるトヨタ車両受託生産、トヨタからの車両供給、FRスポーツカーのトヨタ「86」&スバル「BRZ」の共同開発などの協業に取り組んできた。また、2019年6月にはスバルのAWD(全輪駆動)技術とトヨタの電動化技術を活用した、EV(電気自動車)専用プラットフォームやEV車両の共同開発に合意したことを公表した。

 さらに、2019年9月27日には「両社の強みを持ち寄り、最高に気持ちのよいAWDモデルを共同で開発」「86/BRZ 次期モデル共同開発」「クロストレック ハイブリッドに続き、他のスバル車へもTHS(トヨタハイブリッドシステム)の搭載を拡大」「コネクティッド領域での協調、自動運転分野での技術連携」といった4つの業務提携で合意している。

 今後の見通しとして、スバルでは「本件異動により、トヨタとの事業上の関係はより強固なものとなることが見込まれ、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上に資するものと考えております」とコメントしている。 Car Watch,編集部:椿山和雄

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする