【軽を極めたスズキ自動車の100年

【軽を極めたスズキ自動車の100年

 スズキは2020 年 3 月 15 日、創立 100 周年を迎えたと発表した。同日付の全国紙にこれまでの代表的な商品を紹介する全面広告を掲載するとともに、ホームページに「100周年記念サイト」を開けるなど、キャンペーンを展開している。

 スズキは創業者の鈴木道雄氏が1909 年、現在の静岡県浜松市に創業した「鈴木式織機製作所」がルーツだ。その後、「鈴木式織機株式会社」を経て、1954 年に「鈴木自動車工業」へ社名を変更し、翌55年に日本初の量産軽自動車「スズライト」を発売した。社名が現在の「スズキ」となるのは、90年のことだ。

 実はあまり知られていないが、スズキの自動車開発の歴史は戦前にさかのぼる。鈴木式織機は1936年に自動車の研究を始め、1939年に試作車を完成させたという。しかし、第2次世界大戦の影響で、自動車の開発は1940年、わずか4年で中止となった。

 戦後、スズキは鈴木自動車工業に社名変更する直前の1952年、2輪車「パワーフリー号」を発売する。これは自転車に排気量36ccの補助エンジンをつけた簡易なものだったが、庶民には人気だった。2輪車の生産が軌道に乗った同社は、4輪車の開発を目指し、1954年1月に研究を再開している。

 翌1955年10月発売の「スズライトSS」は、日本初の量産軽自動車であると同時に、日本初の前輪駆動(FF=フロントエンジン・フロントドライブ)車だった。しかし、前輪駆動車としては技術的に未完成で、本格的な量産FF車の第1号は、1966年発売の富士重工業(現SUBARU)の小型セダン「スバル1000」に譲ることになる。

 当時、実用化が難しかったFF方式に見切りをつけたスズキは、1967年発売の「フロンテ360」でRR方式(リヤエンジン・リヤドライブ=後輪駆動)に転向する。当時、日本の軽自動車はもちろん、欧州の小型車も「フォルクスワーゲン・ビートル」に代表されるようにまだRRが主流だった。

 このフロンテ360は大ヒットした。当時、スズキはバイクメーカーから4輪メーカーへの本格進出を目指しており、その意味ではホンダが最大のライバルだった。

 同じくバイクメーカーのホンダは1963年、軽トラック「T360」で「待望の4輪に進出」。1967年発売の軽乗用車「N360」がヒットし、自動車メーカーとしての地位を固めた。

 スズキが社運をかけたフロンテ360は、ホンダN360の絶好のライバルだった。それまで軽市場は1958年発売の「スバル360」が息の長いベストセラーだったが、この人気モデルを駆逐し、その後の軽の開発競争、とりわけパワー競争をエスカレートさせた。

 ホンダN360は日本車としてはスバル1000に次ぐ本格的な量産FF車で、ホンダの技術力の高さを内外に示した。ホンダがバイク、4輪車とも4ストロークエンジンが主流であるのに対し、スズキはバイク、4輪車とも2ストロークエンジンで、両社は対照的だった。
2ストエンジンは開閉バルブがなく、4ストに比べ構造が簡単なため、コスト的にも生産しやすかった。

 2ストは回転が滑らかなうえ、爆発回数が4ストより多いため、同じ排気量であれば大きなパワーとトルクを稼ぐことができる。2ストエンジンは排ガス規制の強化で自動車の世界では1980年代には消滅してしまったが、バイクメーカーでもあるスズキにとって2ストは長らく「お家芸」だった。

 当時のフロンテは2ストローク3気筒エンジン。スズキは「2ストローク3気筒エンジンの回転バランスは4ストローク6気筒エンジンに匹敵する」と説明していた。当時、4ストローク6気筒といえば、日産スカイラインやフェアレディZなどが搭載するプレミアムエンジン。スズキは軽のユーザーに高級セダンやスポーツカーと並ぶ名機であることを印象づけた。

 スズキは「2ストエンジンの1気筒当たりの排気量は約120ccが理想」とも説明していた。当時、360ccだったフロンテや、バイクでは1983年発売の「RG250Γ(ガンマ)」などがこれに当たる。筆者はスズキの2ストエンジン車としては、1971年発売のフロンテクーペ、1979年発売の初代アルトなどをドライブしたことがある。

 このうちスポーツタイプのフロンテクーペは、その後のRG250Γとエンジン特性がそっくりで、2ストそのものだった。低速トルクは薄いが、高回転まで回すと爆発的なパワーで乗る者を圧倒した。

 空冷だったスズキの2ストエンジンはフロンテ時代に水冷となり、軽の排気量拡大とともにモデルチェンジを繰り返した。その中で、1971年発売のフロンテクーペのように、工業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ(イタリア)のデザインと高性能を両立させた先進的なスポーツモデルをリリースしたことは特筆に値する。フロンテクーペは「ホンダZ」がライバルだった。

 今日まで続くオフロード4WDの「ジムニー」は1970年にデビュー。1960年代後半から1970年代はスズキにとって、バイク、自動車とも高性能な2ストエンジンが全盛で、黄金時代を築いた。しかし、2ストは燃費や排ガス規制には不利で、スズキは2ストにこだわるあまり、1970年代後半には排ガス規制に手こずる場面もあった。

 1979年発売の初代アルトや1981年発売の2代目ジムニーを最後に、自動車では2ストエンジンは姿を消した。その後、バイクではしばらく生き残り、栄華を極めることになる。

 1980年代に青春を過ごした筆者は、1983年発売の初代RG250Γの猛獣のような2ストエンジンが今も忘れられない。だが、排ガス規制の強化とともに、2ストはスズキを含むすべてのメーカーで、1990年代後半以降、消滅することになる。

※後編(80年代から現在)へ続く。 岩城 諒 (経済ジャーナリスト)

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする